上司をccに入れたほうが良い理由

スポンサーリンク

皆さん取引先や社内でのメールで上司をccに入れていますか?

「なんとなく上司にメールは見られたくないからccには入れない」なんて方もいるのではないでしょうか。その気持ちとても分かります。

僕も新卒の頃、上司をccに入れたくなさ過ぎてccに入れないでやり取りをしていたことがあります。社会人として駄目です。

結果的に上司をccに入れたほうがメリットが多いので今回は上司をccに入れたほうが良い理由をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ccとは

そもそもccは「カーボンコピー」の略でカーボンは「複写」という意味です。馴染みのある言葉でカーボン用紙なんかは宅配便伝票の控えに使われていたりするので分かりやすいのではないでしょうか。

受取人以外にもメールを見てもらいたい時に使用します。

ちなみにbccは「ブラインドカーボンコピーの」の略で受取人には見えないです。

bccは送り主に隠したい時、例えば取引先に連絡をする際に念のため上司にもメールの内容を伝えたい時に使用します。

上司をccに入れる理由

情報の共有をするため

さて、上司をccに入れる理由として第一は情報を共有するためです。

自分と相手と上司の三人が同じ情報を共有できていれば、何かトラブルが起きたときにもスムーズに対応をすることができます。

情報を共有を出来ていない時に問題が起きて上司に問題の概要を伝えるとなれば、事実が伝わりにくい場合もありますし、もしかしたら言い訳がましくなって事実を100%伝えることができないかもしれません。

あらかじめccにいれておけば、問題が起きたときに事実のみを確認することができます。

もし社外の人にメールをお送りする際に上司をccに入れる場合は相手に了承を得るか、bccに入れましょう。

報告の簡易化

上記の情報共有と類似する部分もありますが、上司への報告を簡易化するためも一つの理由です。

例えばですが、

○○についての件ですが…。

より

先ほど○○様にお送りしたメールについての件ですが…。

の方が上司がメールを読んでいれば「○○についての件」を説明する手間も省けてスムーズに報告や説明ができますし、もし上司がメールを読んでいなくても読んでもらえば説明を一からしなくてお互いに時間を取らなくて良いことになります。

こうすることでお互いの時間を無駄に使う必要もなくなりますし、説明の手間も省けストレスも軽減されます。

保身のため

よく「言った言わない」が働いていくうえで必ずあります。

そこで上司や関係者をccに入れておくことで証拠にもなりますし、もし「言ってないだろ!」と言われたとしても「〇日のメールにてお伝えをしたつもりだったのですが、メールをお送りした旨をお伝え出来ておらず、申し訳ございませんでした。」の一言を添えればそれ以上言われることはないでしょう。

自分に責任がないのに怒られることは働くうえでしばしばあることだと思いますが、少しでもこういったことを減らすために上司をccに入れておいた方がいいです。

スポンサーリンク

上司にccに入れる了承を得ておく

ここまで上司をccに入れる理由を書いてきましたが、なんでもかんでもccに入れとけばいいってわけでもありません。

正直なところ上司をccに入れるべき範囲は上司によります。

スムーズな情報共有を行うためにも「お客様と連絡する際には全部ccに入れますね」等事前に許可を取っておきましょう。

その範囲がずれれば上司からも「ここまではccに入れて」とお願いもあるので範囲調整は事前に行っておくのが無難です。

上司に「もう入れなくていいよ」と言われるまでccに入れよう

報告や連絡は仕事をする上で必ず必要なものです。

「これ上司に伝えた方がいいかな?」というものは全部伝えるべきです。伝えて怒られるより、伝えないで怒られる方が多いですし怒られる度合いも大きくなります。伝えることに対して怒られることなんてほぼほぼないと思いますが。

ずっと上司をccに入れ続け、「もう俺をccに入れなくていいよ」と言われたらそれは「何か問題があったとき以外は報告しなくていいよ」とほぼ同義の意味なので初めてここで信頼されたということになります。それかただ単にメールが来るのがめんどくさいというパターンもあり得ます。

人によって「全部俺に報告しろ!」という上司のパターンはずっとccに入れるべきですが、基本的には「もういいよ」と言われるまで上司はccに入れましょう。

さいごに

上司をccに入れることは一番情報共有が簡易的で正確で自分の身を守れる術です。

極論ですが「メールくるのがめんどくさいからccに入れないでくれ」と言う上司は勝手に降格していくので気にしないでください。

日々の仕事をスムーズに行うためにもうまく活用していってください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました