会社を辞めたい人はすぐに辞めていい

スポンサーリンク

退職するときってすごく勇気がいりますよね。

辞めるのを切り出すときに時に引き止められるのも面倒くさいし怒られるのではないか。
嫌味の一つでも言われたらたまったもんじゃないです。

でも本気で辞めたい人はささっと辞めた方がいいです。

  • 上司とそりが合わない
  • 給料が低い
  • サービス残業ばかり
  • ノルマが厳しすぎる
  • 高齢者を騙すようなことばかりで心苦しい

上記のようなことがあり、精神上耐えられないのであれば辞めてしまいましょう。
心ばっかりは治すのにも時間がかかるし治しにくいからです。

ちなみに僕は24歳までに転職2回を経験しているクズ野郎です。
新卒で入社した会社を半年で辞め、2社目を10か月で辞めました。どうしようもない奴です。

なので、この記事を読んだらマインドが変わる!とか自分の理想の働き方ができる思考法!とかそんな大したことは言えませんが、僕も転職は人より経験している方だと思うので自分なりの経験を踏まえてご紹介できればと思います。

参考程度に見て下さい。

スポンサーリンク

仕事は人生の三分の一

超個人的な意見ですが、死ぬほど仕事が辛いと思っているのであればすぐに転職して良いと思います。

義務教育の学校と違って「辞める」ことは自由です。
卒業しなきゃいけないとかないし、自由に職場を選ぶ権利があります。

死ぬほど辛いと思う中、人生の、一日の大半を過ごす場所を死ぬほど辛い過ごす必要はありません。

最低3年やらないとうんたらかんたら

君みたいな人材はどこ行っても通用しないよ

こんな輩は無視でok

退職する人に向けた常套句です。
確かに転職で苦労するかもしれませんが、通用するかどうかを決めるのは転職先の方です。

やりたくない仕事を3年間続ける意味は少ない

またやりたくないことで3年間という時間を過ごすのはあまりにももったいないです。


これは何度か別の記事にも書かせていただいているのですが、極端な話プロ野球選手になりたい人がサッカーをやり続けても意味は少ないということです。
また人間関係最悪、設備が全然整っていない、そんな環境が悪い場所でプロ野球選手を目指すのは非効率で時間を無駄にしていますよね。

もちろん3年間続けたことで得るものはあるとは思います。

よく考えて「駄目だな」と思ったら転職して大丈夫です。
もちろん退職する前に一回考える時間は作った方が良いと思います(後述)

何回も同じ理由で転職を繰り返す人は駄目かもしれませんが、次に活かせれば大丈夫です。

安心して転職しましょう。

辞めたいと思えている内が正常

会社を辞めたいと考えることは悪ではありません。

この国では「長く続けることが美」であったり「途中で物事から逃げるのは悪」のような悪しき習慣がありますがそんなものは無視しましょう。
仕事は勝つか負けるかではなく生きるか死ぬかなのです。死んだら人間は負けです。

悪なのは人に悪しき価値観を強制して死んでいく人がいることです。

周囲の人間が「逃げ出すな」「やりきれ」等と言っても最後に決めるのは自分です。
重要なのは自分が「この環境でやりきったな」「やりきってないけどこのまま続けたら自分は死ぬな」と考えて行動することです。

考えれなくなるまで精神を壊されたら人でなくなってしまいます。
辞めたいと考えれる内が正常です。

繰り返しになりますが、会社を辞めることは決して悪ではありません。

退職する前に

僕は過去に2度も転職したクソ野郎で転職活動はそこそこ苦労しました。
20代という理由だけで面接をしてもらえたようなものです。

多分この記事を読んでいる人は色々やってきて辞めたいと思って色々調べている最中だと思いますが、あえて言わせてください。

退職理由が

  • 衝動的ではないか
  • 自分を変えれば解決する問題ではないか
  • 未来のことを考えた退職か

上記の事を考えて転職して頂きたいです。
そして転職は自己責任です。前職でどんなに辛い思いをしていても面接官は考慮してくれません。

前職では辛い思いをしたんだね。よし採用!

こんなやつただの変態です。

転職活動を始めたのはもしかしたら誰かのせいなのかもしれませんが面接官はそんなの知ったこっちゃありません。

誰かのせいにしている内はうまくいかないので(僕はうまくいってませんでした)自分のためや自分の周りの人のためと気持ちを切り替えて転職活動をしましょう。

仕事は決まる

どんなに職歴が傷ついていようが、クソ人間であろうが仕事は決まります。

一応参考までに言うと僕は人事労務の部署で働いています。
こんなどうしようもない人間でも年収は350万円です。
どれくらいの年収を貰いたいかは人それぞれですが事務職でこれくらいの年収を貰えているのならそこそこじゃないでしょうか。

引用:年収ラボ

ただ何度でも言いますがそこそこ苦労はしました。
3か月はフリーターしていました。

応募しない方がいい求人

どんな状況でも仕事は決まりますが、超偏見で応募しないでほしい求人がいくつかあります。

僕はもともと求人広告で働いていて、これだけ転職を繰り返した人間なので、
「あ、この求人はやばいな」と思うのが人よりは見抜く力があると思います。

数ある中でほんの一部ですが良かったら参考にしてください。

給与に固定残業代が含んでいるもの

給与:○○万円(固定残業代〇時間含む・超過した分は支給)

上記のような求人に言えることは全部が全部ではありませんが、残業代が支払われないことが多いです。

例えば残業代が20時間分含んでいて残業時間が20時間超えても支払われないことが多いということです。
とんでもない嘘つきですよね。でもこれが現実です。

先ほど「求人を見抜く力が人よりも優れているっキリ☆」なんてドヤ顔で書きましたが、僕は2社目に働いた会社が残業代を支払わない会社でした。全く見抜けていません。

毎日夜の11時くらいまで働いて残業代が1円も払われることなく手取りが16万円くらいでした。地獄です。

そもそも残業代込みで給与35万とかならまだ分かりますが、残業代込みで給与22万円とか給与体系どうなってんだよっていうレベルですからね。

会社に入ったらまだまだ労働者ではなく使用者が強い時代です。
「残業代が支払われていないから訴えてやる!」なんて思っても証拠を揃えなきゃいけないし、訴える手間も費用もかかりますし、そういった会社は訴えられた時のマニュアルを用意しているものなので費用対効果が合っていないです。

なのでできれば求人を見た瞬間に受けるのを辞めましょう。
お互い不幸になります。

スポンサーリンク

アットホームな職場

アットホームな会社で社員一同和気あいあいと仕事をしています!

恐怖すら感じますね。
バイトの求人かな?と思うレベルです。

この求人を見た瞬間に「誇れるとこがないんだな」と感じ取ってください。

アットホームで和気あいあいとしているなら誰も辞めないし求人出さねえだろと思ってしまうのは僕だけでしょうか。
騙されたと思ってその求人の事を観察していてください。
必ず掲載期間を延長しているしその会社からはスカウトメールはほとんどの確率来ます。
しかも「いきなり最終面接!」とかそんなレベルです。

また試しに検索してみて下さい。
「アットホームな職場 実情」とかで。
3ページくらいまで「危険」とか「ブラック」とか出てきます。
危険ってなんだよ。ダイナマイトか何かかな?

正社員じゃない

雇用形態が「契約社員」や「派遣」はやめておきましょう。
というより正社員以外だったらやめておきましょう。

正社員以外で働きたいのなら話は別ですが正社員希望なのに別の雇用形態で働くのはおすすめしません。

労働契約法で
「雇用期間が5年を超える契約社員が希望すれば無期雇用する必要がある」と定められていますが世の中の法律ははっきり言って穴だらけです。

5年を超える前に切られてしまうことも十分にあり得ますし、仮に無期雇用になったとしても契約社員の時と同じ待遇にされる場合もあります。

全てがそうだとも言い切れませんが
「契約社員になって正社員に雇用された人も多数!」みたいな博打の求人に申し込むより始めから正社員で働きましょう。

基本給が低くて他の手当てで誤魔化している求人

これは人事労務の部署で働いている自分だからこそ言える部分もあるのですが、
賞与や退職金は基本給を元に決めている会社が多いです。

他にも法律で残業代の計算に含まなくてよい、家族手当、住宅手当、通勤手当などの「基準外賃金」というものがあります。

なので極端に基本給が低くてやたら手当が多い求人は警戒しましょう。
手当がたくさんある事は良いことです。
基本給が極端に低くないかをよく確認してください。

さいごに

繰り返しになりますが仕事を辞めたいと思ったら辞めることは悪ではありませんし、仕事は決まります。

よく見るデータかもしれませんが新卒で入った会社の3割の人は3年以内に辞めています。

引用:エージェントBOX

辞めることは罪でも恥でもないので堂々と辞めてください。
どうか心だけは病む前に転職を。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました