【VLOOKUP関数】使えるとExcel初心者から中級者へ!VLOOKUP関数の使い方【Excel関数】

スポンサーリンク

ExcelのVLOOKUP関数の使い方について説明します。

この関数を使えると「Excelができる人」と認識されます。

実際に転職サイトの募集概要に「Excel関数のVLOOKUP関数を使える方」と記載されていることも多々あります。

VLOOKUP関数を使いこなして業務の効率化もしていっぱしのビジネスマンになりましょう!

スポンサーリンク

VLOOKUP関数とは

=VLOOKUP(検索値, 検索範囲, 列番号, [検索方法])

VLOOKUP関数はExcelでデータを取り扱う際に、特定の検索値からデータを抽出できる関数です。

使いこなせると業務のスピードが劇的に早くなり、かなり便利な関数です。

ただVLOOKUP関数という名前を見てもなんだか分からない、SUMやAVERAGEのような使い方が容易でもないので大体の方がこの関数でつまづくのではないのでしょうか。

ただ慣れれば本当に簡単だしこの関数を使えると他の関数との汎用性も高いので、ぜひ使えるようになりましょう!

それでは使い方を説明していきます。

VLOOKUP関数を実際に使ってみよう!

VLOOKUP関数を使う前に準備するもの

VLOOKUP関数は表入力を簡易化してくれる関数です。

VLOOKUP関数を入力する表とは別に、データの一覧表を用意しましょう。
具体的には下記のような名目で使う関数です。

・データの一覧表:「顧客管理リスト」を用意
・VLOOKUP関数を利用する「請求書シート」を用意
・顧客管理リストの顧客番号を入力すると請求先の宛先に名前を表示されるようにしたい

VLOOKUP関数を実際に使ってみる

それでは実際に使ってみましょう。

=VLOOKUP(検索値, 検索範囲, 列番号, [検索方法])

改めて上記の式を解説すると

検索値:データの一覧表から名前を探す手がかりとなる値。今回は「顧客番号」を使用
検索範囲:「顧客データ」の一覧表、この表の中から名前を抽出します。
列番号:自動入力したい列が表の中で何列目かを指定します。今回は名前を自動入力したいので「2列目」を選択します。

上記の解説より請求書(自動入力したいシート)のA3のセルに

=VLOOKUP(N3,顧客データ!A:B,2,FALSE)

と入力します。

式を一つずつ解説していくと

N3:検索値のこと、今回は「1」を検索値としています。
顧客データ!A:B:検索範囲、「顧客データ」のシートのA:Bの範囲を選択しています。
2:自動入力したい列番号、今回は名前を自動入力したいので2番目(Bの列)を選択しています。
FALSE:絶対参照をしております。

上記の式を反映させると

自動で名前が反映されます。素晴らしいですね。

ちなみにN3のセルの顧客番号を変えると

請求書の宛名も自動で変わってくれます。

顧客データを追加していけば自動で反映できるものも増えていきますね。

まとめ

VLOOKUP関数を使うと入力のスピードが増えるだけではなく、名前の入力漏れもなくなるので本当に業務の効率化に貢献してくれる関数です。

注意点としては元の参照するデータを間違えていると、参照先のすべてのデータが間違ってしまうので注意しましょう。

VLOOKUP関数は汎用性がすごく高い関数なので他の使用方法も後ほど併せてご紹介いたします。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました