【経験談】会社を退職するのには実際にどのくらいの期間で辞めれるの?退職する際にしんどかったこと

スポンサーリンク

この記事では退職するにあたって実際にどのくらいの期間を要するのかをご紹介致します。

「会社を辞めたい。」そう思う方たくさんいらっしゃると思います。

僕はかれこれ転職を2回し、今の会社が3社目です。

そこでは必ず【会社を辞めることを伝える】作業が必ず発生します。バックレるわけにもいきません。

そこで今回は会社を辞めるにあたって

  • 辞めるまでにどのくらいの期間を要したか
  • しんどかったこと

上記2点を僕の退職体験記を織り交ぜながらお伝えできればと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

辞めるまでにどのくらいの期間を要したか

「会社を辞める!!!俺は○○王になる!!」と決意したものの、上司に「会社辞めます」と伝えなければなりません。一番この瞬間がしんどいですよね。

辞めると伝えた後は引き留めがあり、どうしても駄目か…。という状況までもっていって「じゃあいつまでに引継ぎができるか?」という話になるともう辞めることが確定しますね。

そこから大体はいつまでに引継ぎをするかのスケジュール調整をして満を持して退職日を決めれるわけです。

結局のところ引継ぎ次第ですが経験で言うと僕は2社勤めた中で退職を伝えてからどちらも1か月半はかかりました。

世間では「辞めると伝えてから最短で2週間で辞めれる」だの「退職届を提出して2週間会社に行かなければいい」とありますがそれは最強の最低のブラック企業への最終手段です。

基本的には会社もその人が辞めたら後任者を探さなければならないであったり誰が業務を引き継ぐかを決めないといけないので。

僕は初めて退職をしようと決めてどのくらいで辞めれるのか調べてたら「2週間で辞めていい!」とでてきたことがあったので2週間で辞めれると思っていました。あほですね。

辞めるにあたってしんどかったこと

さて、会社を辞める際にしんどかったこと、辛かったことを書いていこうと思います。

繰り返しになりますが僕はこれまで2社勤めていて1社目が求人広告の営業、2社目がIT会社の事務を行っていましたのでそれぞれ書いていこうと思います。

新卒で入った求人広告会社の営業(兵隊)

新卒では求人広告の営業をやっていました。

すべての会社がそうかと言われればそうではないと思いますが、求人広告の営業は兵隊です。

とにかく質より量をこなすということでひたすらテレアポをし飛び込みをばんばん行っていました。

それが良いこととか悪いことでもなく自分には「無理だな」と思いました。というか新卒の就活での時点で調べておくべきですよね。重ね重ねあほです。

これを続けていってどうなるのかな~と考えた結果「この仕事を3年間続けていけるビジョンも見えないし気力がないので辞めよう」と決意しそのまま上司に伝えました。

求人広告の会社で上にいける人ってのはスーパー営業マンなので到底口では敵いません。

そのスーパー営業マンに「お前はまだできる」「本当に本当にそれでいいのか?まだ勤めて半年だぞ?もう一回頑張ってみろ!」と言われると新卒のペーペーなんか簡単ですね。なんだか本当にできる気がするんですよね。本当に。

そこで「はい…。」と一晩寝てもう一回テレアポしていると正気になるんですよね。

そこでまた「やっぱ辞めます」というと「前に2人で頑張っていこうと言ったじゃないか!!」と涙がでるまで詰められるんですよね。

そのカードの切り方というかどんなことをしても辞めさせないぞという囲い込みがしんどかったです。ちなみに役員まででてきました。

3,4回攻防を繰り返しているのと洗脳も薄れてきているので「なんと言われようと辞めます!」くらいのこと言って辞めることができました。

当初は「え?会社辞めるってこんな時間かかるの?」って思っていました。

今思えばそりゃ人1人を採用費や研修費合わせて100万円くらいかかっていて会社に全然貢献していない、上司の評価も下がるとなればそりゃ引き留めます。

実際辞めるって決まった後はわりとすんなりと引継ぎをして(というか新卒の営業が引継ぎできる取引先なんてほとんどない)満を持さず退職しました。1か月半のうち1か月は辞める辞めないの攻防戦でした。

退職したというより「解放された」という気持ちが強かったです。

小さなIT会社の中の女性だけの魔の部署

2社目は小さなIT会社の事務で働いており、ここは前職の「おらおらおら!売上取るぜ!」というよりもまさにアットホームという会社でした。

別の記事で書いておりますがここもわずか10か月で辞めました。

理由は

  • 女性だけの部署だったので根本的に無理だった
  • 賞与が1円も出なかった
  • 残業代が1円もでなかった

女性だけの部署なんて面接の時点で聞いていたし、結局は自分のリサーチ不足なんですよね。

残業代出ないは嘘つかれてましたけど。

結論を申し上げるとここを辞めるのにも1か月半かかりました。

ここを辞める時は営業会社と毛並みが全く違って、ちょくちょくいびられながら雑用させられてました。仕事がまったくないよりマシだったんですけどね。

また営業の頃は外でぼーっとしていればよかったのですがここは事務だったので会社に行くことがとにかく苦痛でした。

1社目は「辞めるな!」という引き留めでしたがここは「辞めるならとっとと辞めてくれる?というか君にかけた時間を返してくれない?」と一か月間言われ続けたので本当にしんどかったです。

ここでは退職届を出してバックレてもよかったレベルかもしれなかったです。

スポンサーリンク

さいごに

いかがだったでしょうか。

僕は会社を辞めるには結局1か月半くらいかかっておりました。僕の友達の話も聞いていると1か月半~2か月かかっているみたいです。

また辞めるにあたって次の転職先を決めておいた方がいいだったり、ゆっくり決めたほうがいいと議論はありますが僕はどっちでもいいと思います。自分の財布と将来を考えて決めればいいと思います。

退職するってことはとても体力を使いますし神経もつかいます。ただそこでそういうのがめんどくさいとなってしまっていたら一生そこの会社で勤めることになります。

人間は体が傷ついても治るけど心の傷は治るのが遅いです。

最悪退職にかかる期間は1か月半~2か月くらいなのでそこを我慢すれば解放されます。やばい会社だったらバックレましょう(おすすめはしません)

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました