【SUM関数】合計値・平均値を求めよう!SUM関数・AVERAGE関数の使い方【Excel関数】

スポンサーリンク

SUM関数で合計値、AVERAGE関数で平均値を出すことができます。

SUM関数の例で「=SUM(引数)」で数値の合計を求めます。

例えばA1、A2、A3の合計値を求めたい時は

「SUM(A1:A3)」のようにセルの範囲を指定します。

スポンサーリンク

合計値を求める「SUM関数」

SUM関数は指定したセル範囲のすべての合計値を求める関数です。

「=SUM(A1,A3,A5)」とセルを個々に指定することもできますし、
「=SUM(A1:A3)とセルの範囲を指定することもできます

 

それでは実際に計算してみましょう。

まずSUM関数を使ってB列の「ボケが!」の項目を数えていきましょう。

B11のセルに「SUM(B4:B10)」と入力しましょう。

「=SUM(」まで入力してB4からB10までドラッグしても構いません。

B11のセルに合計値が出ました。

簡単で便利な関数ですね。

B11のセルからF11のセルまでドラッグしていくと

すべてのセルの合計値が算出されます。

これを「オートフィル」といいます。

平均値を求める「AVERAGE関数」

AVERAGE関数は指定したセル範囲のすべての平均値を求める関数です。

「=AVERAGE(A1,A3,A5)」とセルを個々に指定することもできますし、
「=AVERAGE(A1:A3)とセルの範囲を指定することもできます

使い方はSUM関数と同じです。

B11のセルに「AVERAGE(B4:B10)」と入力するとB11に平均値が出ます。

素晴らしく便利で簡単な関数ですね。

まとめ

今回紹介した関数は初歩の初歩で一番簡単な関数です。

他の関数も引き続き紹介するのでお楽しみに!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました