新卒の就職活動ってどうやって仕事を決めればいいの?僕は新卒で入って半年で辞めました!

スポンサーリンク

新卒のころの就活ってみなさんどうやってやっていましたか?

また新卒のみなさんはどんな仕事をしたいか悩んでいるのではないでしょうか。

僕は大学の頃とにかく就職活動がめんどくさすぎて一瞬で決めました。

就活って早く終われば1年間フリータイムだな~とか思ってましたね。社会なめてました。

そして半年で辞めました。社会なめすぎですね。

どや顔で「人事労務の業務について!」とか記事を書いているのが恥ずかしくなるレベルです。

ちなみに自分が大学生の頃は就職活動が4月1日からってちょうど変わった時期だったのですが4月1日には就職先は決まってました。

そのままなんか資格取ろうかな~なんていって何故か秘書検定2級ビジネス法務検定3級を取りました。何故か転職の際に役立ちましたね。

そんな自分が新卒で入った会社を半年間で辞めて「ああこうやればよかったんだろうな」って経験談(後悔)を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

新卒の方で自分が何をしていいかわからない方

本当に新卒の就活って何を始めていいか分からないですよね。

高校受験や大学受験って学校の先生が教えてくれますが就職活動はそうではありません。

先輩に聞いてみれば言ってることみんな違うし自分で調べようものなら情報がありすぎて何から手をつけていいかわからないし。

僕が就職活動で右往左往していたらたいして仲良くない先輩が「〇〇(最強広告会社)に勤めてる先輩がいるから紹介してあげるよ!」と言われ、のこのこついていったらマルチ商法を勧められるというハプニングもありました。

夕日子さん
夕日子さん

社会勉強だね。

はじめにやりたくないことを決める

まずは絶対にやりたくないことを決めましょう。

営業、経理、人事、総務等細かく分けると多くの職種がありますがこれだけはやりたくない!というのを決めてください。

それが5個でも10個でても構いません。甘えでもなんでもありません。職種はたくさんあります。

ただ職種についてはある程度調べたほうがいいと思います。本質を知らないでやりたくないと決めつけるのは良くないと思うので。

くぼた
くぼた

新卒の人はわからないことがわからない!ということが多いと思います。何がわからない?から一つずつ解決していきましょう。

自分の将来像を想像する。ただしビジネスと生活は分けて考える!

よく面接で「3年後はどうなっていたいですか?」とあんまり意味のない(であろう)質問をよく聞かれます。

仕事もしたことないのにそんなのわかんねーよ!って思いますよね。至極当然だと思います。

そんな方はどんな生活をしていきたいか想像してください。

例えば

  • 結婚して家族とたくさんの時間をとりたい
  • とにかくお金を稼ぎたい
  • すごく良い家に住みたい
  • すっごくモテたい
  • なんなら二股とかしてみたい
  • 県ひとつくらいは牛耳ってみたい
  • 将来会社を経営したい
  • 経理関係の知識を網羅して税理士になりたい
  • 好きな時間で仕事をしたい

等考えてみるとじゃあ仕事したとしたらどうすればいいんだろう?とかちょびっとだけ考えることができます。就職しなくていいんじゃない?とか考える人もいるかもしれませんね。

そんな風に仕事の面での将来像が想像できない人は生活面を考えると少し前進できると思います。

ちなみに自分はすっごくモテたいです。

スポンサーリンク

これだけはゆずれない条件を決める

自分がもし仕事に就くとして何を重視しますか?

年収は800万円以上!とか残業はなるべくしたくない!社員旅行に行きたい!

実際に飲み会が多いのかや恐い先輩がいるのか等は入ってみないとわかりません。最初は嫌でも大丈夫になるかもしれません。

なのでそういった人間的なことやプライベートの付き合い等求人を見てわからないことは仕方ないとして、あとで嫌だ!ってならないために求人の情報を見て確認できるものはしておきましょう。

求人はできる限り全部見る

さて、ある程度職種を決めて細かい条件で譲れない部分を絞ると初めの頃よりは求人の表示件数も減ってきたと思います。

この時大事なのはなるべく求人は全部見てください。

理由としては表示された求人で一番最初にでてきたものが一番良いとは限らないからです。

求人広告の会社で働いた経験があるので言えることですが掲載の順番はほとんど新着順か求人広告の会社に多くのお金を払っている企業です。

なるべくですが検索ページの最後の方も見るようにしましょう。

最低2つの求人サイトは登録する

なるべく2つ以上の求人サイトに登録しましょう。

理由としては新卒向けの求人広告サイトが多くあると思いますが全部のサイトにお金を払って掲載をしている企業はそこまで多くないからです。

Aという求人は載ってたけどBの求人は載っていないなんて当たり前です。

ただ4社も5社も登録をするとメールがうっとおしいと思うので2~3社でいいと思います。

また個人的な意見ですがどこの求人サイトにも載せないで大学の求人コーナーだけに載せてる企業はよっぽどここで働きたい!とかなければお勧めしません。

採用活動に1円もかけない企業ってよっぽどお金がないか、かけられない理由があるということだと思います。残業代がでない賞与がでないなんてあるかもしれませんのでよくリサーチしましょう。

スポンサーリンク

自己分析とかってした方がいいの?

ぶっちゃけしなくていいと思います。

したとしても真に受けるのは5%くらいでいいです。

自己分析をしてあまりにも真に受けてそれをもとに面接を受けるってリスキーな行為だと思いませんか?

とても極端な話ですが例えば面接で

面接官
面接官

就活生さんはどうしてうちの会社を受けたのですか?

就活生(鉄の心臓)
就活生(鉄の心臓)

自己分析をして御社が向いている気がしたからです!

狂気の沙汰ですね。なにきらきらしてんだよ。もちろんこんな人いません。いたら一緒に働きたいです。

なので占い程度で受けましょう。ただの心理テストです。

よく「あなたにおすすめの仕事」とか出ますがあまりあてにしないようにしましょう。あれで就職先を決めるのは安直です。

ラッキーカラーは赤か~程度でかまいません。

友達や周りの人にこの仕事向いているんじゃない?と言われたパターン

個人的な意見ですがこれも40%くらいの気持ちで聞きましょう。結局決めるのは自分です。

あいつに言われたからこの仕事に決めたなんてかっこ悪いです。辞めた時なんてもっとかっこ悪いですね。

あくまで参考レベルで。「その服似合うね!」みたいなことを言われた感覚で大丈夫です。

自分の人生なんで自分で決めましょう。

くぼた
くぼた

友達同士で長所短所を互いに話し合うのはとても良いことだと思います。

客観的に自分を見れるので!

さいごに

とりあえず行動してみましょう!

実際新卒の頃なんて何がしたいかわかりません。

大切なことは

  • 自分に何ができるかできないかを把握すること。
  • 面接を受けてみる。受けてみることでその会社の魅力がわかるかもしれません。
  • 甘い言葉に惑わされない。人間の弱みに付け込んでくる人も多々います。
  • とりあえず働いてみる。

とにかく考えながら行動してれば必ず実を結びます。

一番よくないのはやりたいこと考え中とか戯言を述べながら何もしないことです。考えるのを停止したら人間終わります。

もっとよくないのは就活って早く終われば1年間フリータイムだな~(冒頭参照)とか言っている輩です。影響されないようにしましょう。

実際に働いてみて自分に合わなかったらよく考えて辞めれば大丈夫です。その時にただ辞めるのではなくこの部分が合わなかったあの部分がどうしても自分にはできなかったと考えて次に行動しましょう。

新卒の皆さんの就職活動がうまくいきますように!

タイトルとURLをコピーしました