年収1,000万円の人って給与をもらうときいくら税金や社会保険料がかかるの?実際に計算してみた!

スポンサーリンク

年収1,000万円!

はてしない夢ですよね。すごくほしい。

くぼた
くぼた

めっちゃほしい。(切実)

1,000万円ももらう人ってどんな人材だよ!とか色々考えますよね。自分も50歳くらいになったらもらえるのかな。いますぐほしい。

ちなみにどこかで読みましたが1,000万円以上もらっている人は正規雇用で働いている人の中の1%くらいらしいですね。

働いている人の満足度も高いみたいです。当たり前だろうがああああ

さて、年収1,000万円の人は実際に給与をもらうときにいくら税金がかかっているのでしょう?

ここでは 年収1,000万円の人が給与をもらうときに、

  • 健康保険料
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料
  • 所得税

上記の保険料でいくら給与が引かれるか実際に計算してみました!

夕日子さん
夕日子さん

あくまで目安であり会社の雇われ従業員の場合です。何卒ご了承くださいませ。

ちなみにここでは住民税についての記載は行っておりません。

理由としては前年度の所得によって変動してしまうからです。

あくまで給与をもらう月の税金の計算を行います。

スポンサーリンク

そもそも年収1,000万円の人って?

まず年収1,000万円の人の定義として給与の額面が1,000万円を超えるものとします。

社会保険料や所得税が引かれる前の金額です。
  • 毎月の給与:83.5万円
  • 通勤手当:1万円

上記の設定で計算を致します。通勤手当を抜いて年収1,002万円になるかと思います。

健康保険料・厚生年金保険料

まずは健康保険料・厚生年金保険料について計算していきましょう。

上記の計算は割と単純で平成〇〇年度保険料額表というものを使用していきます。

額表は日本年金機構のホームページに載っているので確認してみて下さい。


夕日子さん

都道府県によって金額が違うよ!

今回は東京都のを参照していきます!

また介護保険料は今回は考えません。

~健康保険料・厚生年金保険料の計算の仕方~

給与83.5万円の人の保険料額表を確認していきます。

健康保険料・厚生年金保険料は非課税の給与も含めて計算するので給与は83.5+1=84.5万円として考えます。

保険料額表と照らし合わせると等級が健康保険が「830」厚生年金保険が「620」になるので、

健康保険料:¥41,085
厚生年金保険料:¥56,730

となります。

ちなみに全額と折半額というのがありますが、会社の給与では会社と個人で折半をするので折半額を参照します。

所得税

次に所得税を計算していきましょう。

所得税は非課税のものを抜いて計算を行っていきます。

夕日子さん
夕日子さん

ここでは通勤手当のことだね。

額表は作成してみたので下記の画像を見ながら計算してみてください。

また所得税の計算は家族を扶養に入れてたりすると計算が変わってきてしまうのですがここでは扶養に入れている人数は0人とします。

~所得税の計算の仕方(めんどくさい)~

①まず社会保険料等控除後の金額を算出します。

835,000-97,815-10,000=727,185

②次に給与所得控除後の金額を算出します。

727,185×10%+100,000円=172,719

※1円未満の端数がある場合は切り上げます

③控除対象扶養親族の控除額を計算します。

扶養親族がいないので31,667

④課税給与所得金額を計算します。

727,185 – 172,719 – 31,667 =522,799

⑤ 所得税額がでました!

522,799 ×20.420%-36,374円 =70,380

所得税額は¥70,380となります。

※10円未満の端数がある場合四捨五入します。

雇用保険

次に雇用保険料を計算していきましょう。

雇用保険の計算はとても簡単です!

事業の種類によっていろいろと決まりはあるのですが大体の事業は一般に分類されます。

一般に分類された事業は個人の負担額は1,000分の3です。

なので845,000×000.3で負担額は¥2,535となります。

雇用保険の計算の際は通勤手当も含みます。

最後に

いかがだったでしょうか。今回は年収1,000万円の人にかかる税金を計算してみました。

まとめると給与を毎月通勤手当を含めて¥845,000もらえる人が税金を引かれると

健康保険料:¥41,085

厚生年金保険料:¥56,730

所得税: ¥70,380

雇用保険料:¥2,535

合計:¥170,730!!!

ちなみにこれに住民税や介護保険料がのっかってくるともうすこし(というよりけっこう)上乗せされます。

また今回は上記の給与の金額で計算をしましたが、給与が別の金額であったり賞与が支給されるとかかってくる金額もまた変わってくるのでご了承くださいませ。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました