【意識高い系?】会社に早く出社すると良いことあるの?早く出勤するメリット・デメリット

スポンサーリンク

私事ですが、最近僕は会社に早く出社しております。

早く出社して何をしているのかと言うと前日に来ていたメールを確認していたり、印刷をしなければいけない資料を刷っていたり、仕事で使うエクセルをより良くするためにマクロを組んでいたりしています。

「はいはい意識高いね。ワロスワロス」と思う方もいらっしゃると思います。僕も思っていました。

ですが実際に早く出社をして、良かったなーと思う点がいくつかあったのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

早く出社するメリット

誰もいないから集中できる

早く出社すると会社に誰もいないのですっごく作業に集中できます。

始業して朝礼とかあったり上司に報告の業務があると、それだけでエネルギーが消費されますよね。朝早く出社すると誰とも喋らないで業務を始めれるので、一番最初に使うべきエネルギーを使うべきところで消費できます。

また、誰にも話しかけられないって分かって仕事ができるので結構ありがたいですね。いや全然話しかけてくれていいんですけど。

仕事の生産性が上がる

早く出社して落ち着いて一日の段取りを組むことができるので、仕事の効率が上がります。あと午前中って一番集中できるので集中できる午前の時間が延びるのは良いことですね。

始業間際に出社していた頃は、始業して仕事の段取りを組んでいたら他の人に相談や質問をされてバタバタしていて気づいてたら午前中が終わっていた。なんてことはわりとよくありました。

「お前の仕事の仕方が悪いだけだろ!」と言われたらそれまでですが、始業前に段取りを組むことによって結果的に早く出社していても帰る時間が早くなっていたりすることが多いです。

人それぞれだとは思いますが僕は結果的に残業は減っています。

総合的にストレスが減る

朝の準備も通勤もゆったりできているので、気持ち的に余裕ができます。

例えばぎりぎりに出社していた頃は忘れ物をすれば走って家に取りに帰り、電車が遅延すれば上司にわざわざ連絡していました。人間って想定外の事が起きるとすごくストレスが溜まりますよね。

ですが早く出社をすると時間的に余裕が生まれるので、そういったこともする必要がなくなります。

気持ちも時間にも余裕ができてストレスが軽減されます。

上司の世代は「偉い」と思うことが多い

無条件で偉いと言われます。自分からしたらメールチェックとか印刷等の煩わしい業務を始業前にやっちゃいたいなと思って早く出社して仕事をしたのが始まりなのですが、「早く来て偉いね」と言われます。

無条件で上司に偉いって言われるのは損得勘定で考えるとですよね。やっておいて損はないということです。

結果的に業務に集中できて偉いと言われるならやっておけって感じです。

早く出社するデメリット

残業代が出ない

当然ですがあくまで自主的に朝早く来ているので、その分の残業代は出ません。月や年に換算すると結構大きいですね。

個人的に賛否両論あると思いますが、だらだらと夜遅くまで残業しているよりすぱっと仕事を終わらせて、家に帰って勉強したりこのブログを書いたり、YouTube見ている方が後の人生を考えたときにメリットが大きいのかなと思います。

朝早く来ている分の残業代がでればハッピーなんですけどね。

ごますりや仕事できない人間と揶揄される

僕の会社ではこんなことを言ってくる人はいませんが、もしかしたら言ってくる人もいるかもしれません。

仕事の仕方なんて個人の自由で千差万別なので相手にしないようにしましょう。自分の仕事の生産性が上がっていれば問題ないです。反抗したり言い返す必要もないです。

ただ会社の上司がやめてくれとお願いをされたなら素直にやめておきましょう。会社にもそれぞれルールがあるので。

スポンサーリンク

さいごに

早く出社することで総合的に良いことは多いです。ただ「早く出社して掃除をしろ」等はパワハラですね。ただのブラック企業です。そういうとこは早めに退職して下さい。

マイナビジョブ20’s

また余談ですが早く出社しなくても早起きはおすすめです。早く起きた時間で好きなことができるので本を読むことや勉強もできるし、なんならゲームをするとかでもいいと思います。自分の自由な時間を増えればいいですね。

寝ることも人生の喜びですが1時間早く起きて1時間好きなことをするのも人生を豊かにするかもしれません。

物は試しなので1週間1時間早く起きるのを試してみて「なんだかんだメリットの方が多いな」と思えれば続けてみて下さい。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました